シェアードワールド小説とは何か|堺 三保|note