小説とアニメ、それぞれの『星界』|堺 三保|note