筒井康隆を軽く飛び越えていった才能──『ビアンカ・オーバーステップ』