ケン・リュウの第二短篇集、信じがたいくらいにおもしろい──『母の記憶に』 – 基本読書