【書評】『宇宙の戦士』ロバート・A・ハインライン – 横丁カフェ|WEB本の雑誌