『去年を待ちながら』 – 山形浩生の「経済のトリセツ」