ケン・リュウ小説の進化形~短編集『母の記憶に』 – メモリの藻屑、記憶領域のゴミ