【書評】翻訳家・三辺律子が読む『母の記憶に』ケン・リュウ著、古沢嘉通・幹遙子・市田泉訳 「賞総なめ」SF作家第2弾 – 産経ニュース