【書評】『フォマルハウトの三つの燭台』神林長平 – 横丁カフェ|WEB本の雑誌